コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原武智麻呂 ふじわらのむちまろ

7件 の用語解説(藤原武智麻呂の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

藤原武智麻呂
ふじわらのむちまろ

[生]天武9(680).奈良
[没]天平9(737).7.25. 奈良
奈良時代初期の廷臣。父は不比等。母は蘇我武羅自古の娘。藤原4家の一つ南家の祖。和銅4 (711) 年従五位上,式部卿,正四位下を経て養老5 (721) 年従三位,中納言。天平1 (729) 年謀反の罪で長屋王が自殺すると,大伴旅人をさしおいて大納言,同6月右大臣,同9年左大臣となったが,当時流行した痘瘡にかかって没した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ふじわら‐の‐むちまろ〔ふぢはら‐〕【藤原武智麻呂】

[680~737]奈良初期の公卿。不比等(ふひと)の長男。南家の祖。大納言・右大臣などを経て左大臣になったが、疫病で死亡。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

藤原武智麻呂【ふじわらのむちまろ】

奈良前期の高官。不比等(ふひと)の子。南家(なんけ)の祖。長屋王(ながやおう)の変後勢力をのばし,734年右大臣に進んだが,737年天然痘にかかり,正一位左大臣に任ぜられた翌日に死んだ。
→関連項目家伝

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原武智麻呂 ふじわらの-むちまろ

680-737 奈良時代の公卿(くぎょう)。
天武天皇9年4月生まれ。藤原不比等(ふひと)の長男。母は蘇我連子(むらじこ)の娘,娼子。南家の祖。東宮傅(ふ)として皇太子(聖武天皇)を教育。養老5年(721)中納言となり,神亀(じんき)6年長屋王失脚ののち大納言,天平(てんぴょう)6年右大臣にのぼる。天平9年疫病の病床に正一位,左大臣をおくられ,同年7月25日死去。58歳。贈太政大臣

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

ふじわらのむちまろ【藤原武智麻呂】

680‐737(天武9‐天平9)
奈良時代の官人。藤原不比等の長子。母は宗我蔵大臣(蘇我武羅自古)の女娼子。房前と同母。豊成,仲麻呂の父。南家の祖。平城京の左京の私邸が房前の北家に対し南にあったので南卿,南家とよばれた。701年(大宝1)良家の子弟として内舎人(うどねり)に選ばれ,翌年に中判事となり条式(行政司法の内規か)を定めた。その後大学助,大学頭,図書頭を歴任したが,その間大学を復興し,また壬申の乱以来零落欠少していた官書の書写補充に努めるなど,学問・教育に力をいれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ふじわらのむちまろ【藤原武智麻呂】

680~737) 奈良初期の廷臣。不比等の子。南家の祖。右大臣を経て、正一位左大臣。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

藤原武智麻呂
ふじわらのむちまろ
(680―737)

奈良時代の政治家。不比等(ふひと)の長男で南家(なんけ)の祖。幼くして母を失い、病弱であったが、読書を好みまた仏教に深く帰依(きえ)したという。701年(大宝1)に内舎人(うどねり)になり、以後大学頭(かみ)となり大学の発展に尽くし、また図書頭(ずしょのかみ)となって壬申(じんしん)の乱で散逸していた図書を集めた。その後式部卿(しきぶきょう)を経て721年(養老5)中納言(ちゅうなごん)に進み、729年(天平1)2月の長屋王の変にあたっては王の糺問(きゅうもん)に赴き、翌月大納言、さらに734年に従(じゅ)二位右大臣に昇進した。しかるに3年後に天然痘にかかり、天平(てんぴょう)9年7月25日、正一位左大臣に昇進した日に死去した。伝記に僧延慶撰述(せんじゅつ)の『武智麻呂伝』(『藤氏(とうし)家伝』下巻)がある。[福井俊彦]
『野村忠夫著『律令政治の諸様相』(1968・塙書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の藤原武智麻呂の言及

【栄山寺】より

…奈良県五条市にある真言宗豊山派の寺。719年(養老3)に藤原武智麻呂が創建したと伝える。もと前山(さきやま)寺と称したが,10世紀後半ころには栄山寺とよばれるに至った。…

【延慶】より

…奈良後期の僧侶。生没年不詳。藤原氏《家伝》下巻〈武智麻呂伝〉の著者。《続日本紀》天平宝字2年(758)8月2日条に〈外従五位下僧延慶,形俗に異なるをもって,その爵位を辞す。詔してこれを許す。その位禄,位田はこれを収めず〉とあり,外位を与えられたところよりみると,地方豪族出身らしい。天平宝字年間(757‐765)の権力者藤原仲麻呂の父,武智麻呂の伝記を著したのをみると,藤原南家と親しい,家僧のような地位にあったものか。…

【藤原氏】より

…日本の代表的な貴族。大化改新後の天智朝に中臣氏から出て,奈良時代には朝廷で最も有力な氏となり,平安時代に入るとそのなかの北家(ほくけ)が摂政や関白を独占し歴代天皇の外戚となって,平安時代の中期は藤原時代ともよばれるほどに繁栄した。鎌倉時代からはそれが近衛(このえ)家二条家一条家九条家鷹司(たかつかさ)家の五摂家に分かれたが,以後も近代初頭に至るまで,数多くの支流を含む一族全体が朝廷では圧倒的な地位を維持し続けた。…

【藤原不比等】より

…奈良時代初期の重臣。史(ふひと)とも表記。鎌足の次男で,母は車持君国子(くるまもちのきみくにこ)の娘の与志古(よしこ)。幼時は山科(京都市山科区)の田辺史大隅(たなべのふひとおおすみ)の家で育ったので,史と名づけられたという。父の死後3年目に起こった壬申の乱では,田辺一族から近江方の将軍となった者も出たが,不比等自身はまだ少年であったし,乱後の天武朝には,姉妹の氷上(ひかみ)や五百重(いおえ)が天武夫人(ぶにん)としてそれぞれ但馬(たじま)皇女や新田部皇子を生んだためもあって,順調に官途を歩みだしたらしく,持統朝で判事(はんじ)に任命されたときには,数え年31歳で直広肆(じきこうし)(従五位下相当)に昇っていた。…

※「藤原武智麻呂」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

藤原武智麻呂の関連キーワード安宿王家増賀茂比売黄文王浄達藤原多比能藤原長娥子藤原吉日山口大麻呂山背王

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone