天忍穂耳尊(読み)アマノオシホミミノミコト

  • あめのおしほみみのみこと
  • 天忍穂耳尊 あめのおしほみみのみこと

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

記・紀にみえる神。
天照大神(あまてらすおおみかみ)と素戔嗚尊(すさのおのみこと)との誓約(うけい)のときに生まれた五男神の一神。葦原中国(あしはらのなかつくに)に天くだることになっていたが,子の瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)にゆずった。ただしくは正哉吾勝勝速日(まさかあかつかちはやひ)天忍穂耳尊。別名に天忍骨尊(あめのおしほねのみこと)。「古事記」では正勝吾勝勝速日天之忍穂耳命。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

日本神話にあらわれる神の名。この神は正勝吾勝々速日(まさかつあかつかちはやひ)という称辞を冠している。天照大神(あまてらすおおかみ)と素戔嗚尊(すさのおのみこと)との誓約(うけい)で,アマテラスの御統(みすまる)の玉から生まれた長子。玉は皇位継承の象徴。オシホミミのオシは威圧的なの意の美称でホミミは稲穂神霊の意。天孫降臨神話の中で,高天原(たかまがはら)直系神はにちなむ名をもつのが多い。降臨準備中に子瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)が生まれたので,代りにその子を降臨させた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の天忍穂耳尊の言及

【瓊瓊杵尊】より

…日本神話にみえる神の名。《古事記》では邇邇芸命と記す。種々の異なった名称をもつが基本はホノニニギノミコト。〈ホ〉は稲穂,ニニギはニギヤカ,ニギワウの〈ニギ〉を重ねた語で,稲穂が豊かに実ることを予祝してつけた名称。《古事記》によると,大国主の国譲りを受けた天照大神(あまてらすおおかみ)は天忍穂耳(あめのおしほみみ)命を高天原(たかまがはら)から降臨させようとするが,オシホミミがその用意をしているうちに子が生まれる。…

※「天忍穂耳尊」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

医食同源

病気を治療するのも日常の食事をするのも、ともに生命を養い健康を保つために欠くことができないもので、源は同じだという考え。[補説]古くから中国にある、体によい食材を日常的に食べて健康を保てば、特に薬など...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android