コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天忍穂耳尊 アマノオシホミミノミコト

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

天忍穂耳尊 あめのおしほみみのみこと

記・紀にみえる神。
天照大神(あまてらすおおみかみ)と素戔嗚尊(すさのおのみこと)との誓約(うけい)のときに生まれた五男神の一神。葦原中国(あしはらのなかつくに)に天くだることになっていたが,子の瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)にゆずった。ただしくは正哉吾勝勝速日(まさかあかつかちはやひ)天忍穂耳尊。別名に天忍骨尊(あめのおしほねのみこと)。「古事記」では正勝吾勝勝速日天之忍穂耳命。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

あめのおしほみみのみこと【天忍穂耳尊】

日本神話にあらわれる神の名。この神は正勝吾勝々速日(まさかつあかつかちはやひ)という称辞を冠している。天照大神(あまてらすおおかみ)と素戔嗚尊(すさのおのみこと)との誓約(うけい)で,アマテラスの御統(みすまる)の玉から生まれた長子。玉は皇位継承の象徴。オシホミミのオシは威圧的なの意の美称でホミミは稲穂の神霊の意。天孫降臨神話の中で,高天原(たかまがはら)直系神は稲にちなむ名をもつのが多い。降臨準備中に子瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)が生まれたので,代りにその子を降臨させた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

あまのおしほみみのみこと【天忍穂耳尊】

記紀神話の神。天照大神あまてらすおおみかみの子。瓊瓊杵尊ににぎのみことの父。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の天忍穂耳尊の言及

【瓊瓊杵尊】より

…日本神話にみえる神の名。《古事記》では邇邇芸命と記す。種々の異なった名称をもつが基本はホノニニギノミコト。〈ホ〉は稲穂,ニニギはニギヤカ,ニギワウの〈ニギ〉を重ねた語で,稲穂が豊かに実ることを予祝してつけた名称。《古事記》によると,大国主の国譲りを受けた天照大神(あまてらすおおかみ)は天忍穂耳(あめのおしほみみ)命を高天原(たかまがはら)から降臨させようとするが,オシホミミがその用意をしているうちに子が生まれる。…

※「天忍穂耳尊」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

天忍穂耳尊の関連キーワード瓊瓊杵命・邇邇芸命・迩迩藝命正哉吾勝勝速日天忍穂耳尊白山平泉寺旧境内日本神話の神々英彦山神宮伊豆山神社真清田神社西寒多神社日本神話天火明命記紀神話神内神社鵜戸神宮天穂日命太郎坊宮地神五代新田神社阿賀神社天孫降臨

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android