コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天孫降臨神話 てんそんこうりんしんわ

1件 の用語解説(天孫降臨神話の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

てんそんこうりんしんわ【天孫降臨神話】

日の御子〉が地上界の支配者として天降(あまくだ)る由来を物語り,記紀神話の中心をなす。天界の高天原(たかまがはら)で諸神が協議し,日神天照大神(あまてらすおおかみ)の子を地上界葦原中国(あしはらのなかつくに)に天降すことになる。ところが地上には,大国主(おおくにぬし)神を頭目とする荒ぶる神々が跳梁していた。使者を3度派遣し交渉した結果,オオクニヌシは子の2神とともに国譲りを誓う。以上の国譲り神話天孫降臨神話プロローグをなす。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の天孫降臨神話の言及

【日本神話】より

…このとき国津神猨田毘古(さるたびこ)神(猨田彦大神)は道案内をした。これを〈天孫降臨神話〉という。 天降ったニニギは大山津見(おおやまつみ)神(大山祇神)の娘木花之佐久夜毘売(このはなのさくやびめ)(木花開耶姫)と婚するが,ヒメは一夜にして孕み,火照(ほでり)命と火遠理(ほおり)命の兄弟を生む。…

※「天孫降臨神話」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

天孫降臨神話の関連キーワード天降り人一の御子内の御子男御子神の御子太陽崇拝天上界日嗣の御子日の御門日の御子

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

天孫降臨神話の関連情報