コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天文測量 てんもんそくりょう astronomical surveying

2件 の用語解説(天文測量の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

天文測量
てんもんそくりょう
astronomical surveying

ある時刻での天体の天球上での高度角,時角,方位を観測することによって,その観測地点の経度,緯度,方位角を求める測量。天文測量でその位置を決定した地点を天測点という。経度などは天球上の位置が正確にわかっている星や太陽の見える方向から計算することができる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

天文測量
てんもんそくりょう

天体、主として恒星や太陽の高度、方位角および時刻を観測し、観測した地点の地球上での位置(経度、緯度)、方位を定める測量。子午儀(しごぎ)、トランシット、アストロラーベなどの観測器械と精密な時刻受信装置が用いられる。最近では測地人工衛星も用いられている。[尾崎幸男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

天文測量の関連キーワード時角時圏天球天頂距離離角気象要素視位置天球座標サムナー線ターナーの推定法

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

天文測量の関連情報