天王祭(読み)テンノウマツリ

大辞林 第三版の解説

てんのうまつり【天王祭】

牛頭天王の祭。疫病神祓いの祭で、各地の祇園ぎおん社・津島神社で、陰暦6月15日を中心に行われる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

てんのう‐まつり テンワウ‥【天王祭】

〘名〙 祇園社牛頭(ごず)天王の祭。中古以来、もろもろの疫病除去の目的で陰暦六月に行なわれたもの。祇園会。祇園祭。《季・夏》
俳諧・俳諧筆真実(1787)六月「江戸所々天王祭」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の天王祭の言及

【津島祭】より

…津島神社は牛頭天王(ごずてんのう)を祭神とし疫病よけの神として著名で,京都の八坂神社,兵庫の広峰神社とともに天王信仰の中心地として,各地の夏祭に大きな影響を与えた。津島祭は天王川祭,天王祭とも称され,もとは旧暦6月14,15日に行われた。現在は,7月第4土曜日の宵祭に多くの提灯を飾った巻藁船5艘が津島楽を奏しながら天王川(天王池)を渡御する。…

※「天王祭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

リテラシー

1 読み書き能力。また、与えられた材料から必要な情報を引き出し、活用する能力。応用力。2 コンピューターについての知識および利用能力。→コンピューターリテラシー3 情報機器を利用して、膨大な情報の中か...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

天王祭の関連情報