コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天皇旗 テンノウキ

デジタル大辞泉の解説

てんのう‐き〔テンワウ‐〕【天皇旗】

行幸のときなどに、天皇しるしとして用いられた紅色金色の菊章がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

てんのうき【天皇旗】

もと天皇のしるしとして行幸の時などに掲げた錦旗。紅の地色に金色の菊章がある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の天皇旗の言及

【軍艦旗】より

…軍艦旗はその性質上常に鮮明でなければならないが,煤煙,風雨などにさらされ非常に傷みやすく,修繕や更新を要するので,陸軍の軍旗と異なり,天皇から親しく授けられるものではなかった。海軍の旗章はこのほか天皇旗,皇族旗,海軍大臣旗,将旗,代将旗,長旗,司令旗,軍用船旗,赤十字旗などが定められていた。アメリカ海軍の軍艦旗は星条旗(国旗,the Stars and Stripesまたはthe Star‐Spangled Bannerという)を使用している。…

※「天皇旗」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

天皇旗の関連キーワード河名友次郎錦旗行幸地色

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android