天祐宗津(読み)てんゆう そうしん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

天祐宗津 てんゆう-そうしん

1462-1532 室町-戦国時代の僧。
寛正(かんしょう)3年生まれ。曹洞(そうとう)宗。薩摩(さつま)(鹿児島県)福昌寺の泰雲守琮(しゅそう)のもとで出家。その弟子の竜室良従の法をつぎ,同寺の住持となる。のち興国寺にうつり,隆盛寺をひらいた。享禄(きょうろく)5年2月4日死去。71歳。薩摩出身。俗姓島津諡号(しごう)は仏智法灯禅師。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android