コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天祐宗津 てんゆう そうしん

1件 の用語解説(天祐宗津の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

天祐宗津 てんゆう-そうしん

1462-1532 室町-戦国時代の僧。
寛正(かんしょう)3年生まれ。曹洞(そうとう)宗。薩摩(さつま)(鹿児島県)福昌寺の泰雲守琮(しゅそう)のもとで出家。その弟子の竜室良従の法をつぎ,同寺の住持となる。のち興国寺にうつり,隆盛寺をひらいた。享禄(きょうろく)5年2月4日死去。71歳。薩摩出身。俗姓は島津。諡号(しごう)は仏智法灯禅師。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

天祐宗津の関連キーワード蓮田兵衛法華一揆犬筑波集享禄天文首都圏の待機児童イワンイワン[3世]曼陀羅寺小笠原持長

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone