コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

泰雲守琮 たいうん しゅそう

1件 の用語解説(泰雲守琮の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

泰雲守琮 たいうん-しゅそう

1433-1501 室町-戦国時代の僧。
永享5年生まれ。曹洞(そうとう)宗。薩摩(さつま)(鹿児島県)福昌寺の心巌良信(しんがん-りょうしん)の法をつぐ。能登(のと)(石川県)総持寺にはいり,のち福昌寺の住持となる。明応5年(一説に6年)薩摩の島津忠昌にまねかれ,興国寺の開山(かいさん)となった。文亀(ぶんき)元年10月24日死去。69歳。薩摩出身。俗姓は源(みなもと)。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

泰雲守琮の関連キーワード文亀ジョアン[1世]ルターの家東日本大震災の避難者数周期表阿蘇五岳鄭和本能寺メディチ赤松満政

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone