天色(読み)テンショク

大辞林 第三版の解説

てんしょく【天色】

空模様。天気。 「 -暴風の兆を露はし/八十日間世界一周 忠之助
空の色。 「 -海光転た朗かに/日本風景論 重昂

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

てん‐しょく【天色】

〘名〙
① そらの色。
※太平記(14C後)三九「望無窮水接天色、看不尽山映夕暉と云対句の」
※万宝鄙事記(1705)六「(テンショク)、黄なるは風。白くうすきは風雨」 〔梁元帝‐赴荊州泊三江口詩〕
② そらもよう。そらあい。天気。
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉第一板序「天色清朗なる夜は、更深るまで、かくして業を勤めしが」
③ 生まれつき備わっている美しい顔だち。
※雪中梅(1886)〈末広鉄腸〉上「眉秀でて眼中(めもと)(すずや)かなり。粉黛を加へずして自然の天色(テンショク)あり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android