コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天英祥貞 てんえい しょうてい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

天英祥貞 てんえい-しょうてい

?-1511 室町-戦国時代の僧。
曹洞(そうとう)宗。家は代々の儒家。京都建仁寺で出家。上野(こうずけ)(群馬県)長源寺の傑伝禅長の法をつぐ。信濃(しなの)(長野県)竜雲寺をひらき,禅長の死後,下野(しもつけ)(栃木県)成高寺の住持となった。永正(えいしょう)8年3月24日死去。播磨(はりま)(兵庫県)出身。俗姓は藤原。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

天英祥貞の関連キーワード戦国時代曹洞

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android