コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天英祥貞 てんえい しょうてい

1件 の用語解説(天英祥貞の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

天英祥貞 てんえい-しょうてい

?-1511 室町-戦国時代の僧。
曹洞(そうとう)宗。家は代々の儒家。京都建仁寺で出家。上野(こうずけ)(群馬県)長源寺の傑伝禅長の法をつぐ。信濃(しなの)(長野県)竜雲寺をひらき,禅長の死後,下野(しもつけ)(栃木県)成高寺の住持となった。永正(えいしょう)8年3月24日死去。播磨(はりま)(兵庫県)出身。俗姓は藤原。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

天英祥貞の関連キーワード多国籍軍KADOKAWA足利義澄足利義晴卜部兼倶愚神礼讚バザーリマラッカ吉田兼倶アルブケルケ

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone