天草版(読み)あまくさばん

精選版 日本国語大辞典「天草版」の解説

あまくさ‐ばん【天草版】

〘名〙 近世初期、イエズス会の人々によって、天正一八年(一五九〇)から慶長一九年(一六一四)までの間に熊本県天草島で出版された活字本キリシタン版。「どちりなきりしたん」「平家物語」「伊曾保物語」「金句集」「羅葡日辞書」「羅典文典」など。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

旺文社日本史事典 三訂版「天草版」の解説

天草版
あまくさばん

安土桃山時代から江戸初期にかけて出版された活字印刷本の一つ
キリシタン版ともいう。『伊曽保物語』『平家物語』『どちりな・きりしたん』『ぎあ・ど・ぺかどる』などが有名。多くはキリスト教教義書。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

世界大百科事典 第2版「天草版」の解説

あまくさばん【天草版】

キリシタン版のうち九州の天草学林で出版されたもの。1592年(文禄1)から96年(慶長1)に至る。キリシタン版は最初1591年,肥前国の加津佐(かづさ)で出版されたが,まもなく印刷所は天草に移された。主としてローマ字版で,国字版は《ばうちずもの授けやう》(1593刊か)1種のみが天草版と推定される。1592年刊の《どちりなきりしたん》《ヒデスの導師》,《平家物語》(口訳)がもっとも早い刊行書である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報