コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊曾保物語 いそほものがたり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

伊曾保物語
いそほものがたり

仮名草子。作者未詳。3巻。元和1 (1615) 年頃成立か。『イソップ物語』を翻訳したもの。主人公伊曾保の略伝と 64の寓話を収録。のちの咄本 (はなしぼん) に影響を与えた。

伊曾保物語
いそほものがたり

文禄2 (1593) 年天草耶蘇会刊『エソポのハブラス』 Esopono Fabvlas。『イソップ物語』を翻訳したものであるが,仮名草子の『伊曾保物語』とは直接の関係はない。訳者未詳。 70話を収録。ローマ字,口語体で,国語史料として貴重。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

伊曾保物語【いそほものがたり】

イソップ物語》を翻訳した仮名草子。1593年天草のコレジヨで刊行されたキリシタン版《エソポのハブラス(文禄旧訳伊曾保物語)》は,西洋文学翻訳の最初のもので,原本は大英博物館蔵。
→関連項目天草版平家物語

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いそほものがたり【伊曾保物語】

仮名草子。元和年間(1615‐24)刊行。3巻。《イソップ物語》の翻訳であるが,全部で94話。最初の30話はイソップの逸話,のちの64話が動物の寓話である。《イソップ物語》は,1590年(天正18)スペインの宣教師バリニャーノによって日本にもたらされ,九州天草で《エソポのハブラス》として日本語訳ローマ字で印刷された。これが,日本における最初の西洋文学の翻訳本である。この元和の書は,それとは異なって古活字版日本字で翻訳されたものである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

伊曾保物語の関連キーワードキリシタン文学兎と亀

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

伊曾保物語の関連情報