コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加津佐 かづさ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

加津佐
かづさ

長崎県南東部,南島原市西部の旧町域。島原半島南西部に位置する。1928年町制施行。2006年口之津町,南有馬町,北有馬町,西有家町,有家町,布津町,深江町の 7町と合体して南島原市となった。おもに堀川,小松川の形成した沖積平野玄武岩の丘陵地からなり,西部の海岸では砂丘が発達している。岩戸山は最高点 96mの陸繋島で亜熱帯性植物が多く,岩戸山樹叢は国の天然記念物に指定。主作物はジャガイモ,米で,特産に福原オレンジとタマネギがある。海岸地帯は島原半島県立自然公園に属し,野田浜,前浜など白砂青松の海水浴場がある。また水月から女島山に続く砂丘上にキリシタンゆかりの遺跡がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

加津佐
かづさ

長崎県南東部、島原半島南部の南高来(みなみたかき)郡にあった旧町名(加津佐町(まち))。現在は南島原(みなみしまばら)市の南西端部を占める。旧加津佐町は1928年(昭和3)町制施行。2006年(平成18)深江(ふかえ)、布津(ふつ)、有家(ありえ)、西有家、北有馬(きたありま)、南有馬、口之津(くちのつ)の7町と合併、市制施行して南島原市となった。古くは笠津(かさつ)ともよばれた。天正(てんしょう)年間(1573~1592)には天主教(カトリック)の中心地で、愛宕(あたご)山北麓(ほくろく)にはキリシタン学校(コレジオ)遺跡があり、海岸の砂丘上にはキリシタン墓碑がある。現在、海岸は海水浴場となっている。明治・大正時代には女島(めしま)の南側を外国人、北側の前浜(まえはま)を日本人の海水浴場とした。街の背後は標高200メートル内外の丘陵で、丘陵上では温州(うんしゅう)ミカン、福原オレンジ、ジャガイモを産出。堀川、津波見(つばみ)川流域は米作地で、堀川の河口一帯は干拓地である。野田浜の砂丘によって陸繋(りくけい)されている岩戸(いわど)山(鰹(かつお)山)には、亜熱帯植物が繁茂する樹叢(じゅそう)(国指定天然記念物)があり、巌吼(がんく)寺、岩戸観音、穴観音がある。[石井泰義]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

加津佐の関連キーワードサントスの御作業の内抜書キリシタン用語集サントスの御作業キリシタン文学長崎の活版印刷長崎県南島原市キリシタン物西有家[町]キリシタン版南島原[市]南島原(市)フランス語布津[町]セミナリヨフロイスコエリョ島原鉄道コエリヨコレジヨビセンテ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

加津佐の関連情報