太常(読み)タイジョウ

  • たいじょう ‥ジャウ
  • たいじょう〔ジヤウ〕

大辞林 第三版の解説

中国の官名。九卿の一。礼楽や祭事をつかさどった。秦では奉常。漢初、太常と改められ、北斉では太常寺と称し、卿・少卿それぞれ一人が置かれた。太常寺は唐から清まで存在し、清末、礼部に合併された。大常。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 中国の官制。漢初に置かれる。周代の春官の職に当たり、宗廟礼儀をつかさどる。後漢以降相次いで置き、北斉では太常寺と称し、長官・次官の卿・少卿があった。後周で大宗伯と称したほかは、唐から清に至るまで、皆この官を置いた。
※制度通(1724)三「九寺と云は、太常・光祿・衛尉・宗正・太僕・大理・鴻臚・司農・太府なり。太常は宗廟礼儀のことを掌る」 〔漢書‐百官公卿表〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の太常の言及

【九卿】より

…中国,秦・漢における三公の下に設けられた中2000石の大臣をいう。太常(祭祀をつかさどる),光禄勲(宮内諸殿の宿衛),衛尉(宮門および禁中の警備),太僕(天子の車馬),廷尉(大理ともいう,刑獄),大鴻臚(接待),宗正(皇族の事務),大司農(国家財政),少府(帝室の私的生活)の正卿を指す。九卿は九寺の長官として清朝までその名が見えるが,魏・晋以後は宮中での上席や高禄をあらわす実権が伴わない称号と化した。…

※「太常」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ソフトロボティクス

ロボティクスの一分野。強度的・構造的に適度なやわらかさがあり、繊細な力加減で動作できるロボットに関する研究。→ソフトロボット...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

太常の関連情報