太平洋プレート(読み)タイヘイヨウプレート

百科事典マイペディアの解説

太平洋プレート【たいへいようプレート】

太平洋の大半を含む地球の表面での最大の海洋プレート。太平洋東側のファンデフカ海嶺,東太平洋海膨などから湧きでて西〜北西方向に水平移動し,アリューシャン海溝,千島海溝,日本海溝,伊豆‐小笠原海溝などで沈み込むとされる。太平洋の中生代〜新生代の地磁気異常縞模様は太平洋と周辺のプレートの相対運動を決める重要なデータとなった。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

たいへいようプレート【太平洋プレート】

太平洋の大部分の海底を形成しているプレート。東太平洋海膨・太平洋 南極海嶺で生じ、ほぼ北西方向へ移動し、アリューシャン・千島・日本・伊豆 小笠原・マリアナ・トンガ・ケルマデックの各海溝で沈み込む。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

たいへいよう‐プレート ‥ヤウ‥【太平洋プレート】

〘名〙 (プレートはplate) 地球の表層部を構成するプレートのうち、太平洋の海底をつくっている部分。東太平洋海嶺から、北はアラスカ・アリューシャン列島、西は日本海溝からマリアナ海溝、南は太平洋・南極海嶺でかこまれた範囲を占める。一年に数センチメートルの速さで西方に移動し、海溝部分で沈み込んでいる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

太平洋プレートの関連情報