コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

太歳 タイサイ

デジタル大辞泉の解説

たい‐さい【太歳】

木星異称
暦注の八将神の一。木星の精で、その年の十二支と同じ方角に位置し、その方角がその年の吉とされる。太神。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の太歳の言及

【歳星】より

…五行説では木に配するので木星とも称するようになった。黄道上を約12年周期で移動するため,古代中国では木星の黄道上の位置,またはその像としての太歳の位置による紀年法が行われたので歳星と称する。術数家は人君の象徴であり,諸神を率い,方位を正し,四季を循環させて1年を秩序づける星として重視し,特にその方位を犯すことを忌んだ。…

※「太歳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

太歳の関連キーワード赤舌神王引之三合歳星大陰暦注方位

太歳の関連情報