太田 覚眠(読み)オオタ カクミン

20世紀日本人名事典「太田 覚眠」の解説

太田 覚眠
オオタ カクミン

明治〜昭和期の僧侶



生年
慶応2年(1866年)

没年
昭和19(1944)年

出生地
三重県

学歴〔年〕
東京外国語学校露語科卒

経歴
真宗本願寺派ので、明治36年西本願寺の開教師となり、シベリアに渡り、ウラジオストクに駐在した。37年日露開戦で強制送還されたが、講和条約締結後再びウラジオストクで布教に当たった。昭和9年ソ連政府の退去命令で帰国、11年内蒙古に入ってラマ寺院を拠点に布教に務めた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ペルソナ・ノン・グラータ

好ましくない人の意。国際法上,外交使節団の長 (大使) のアグレマンを求められた国は,自国にとって好ましくない人物と判断した場合,理由を示さず派遣を拒否できる。着任後好ましくない人物であることが判明し...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android