コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

太田代東谷 おおたしろ とうこく

1件 の用語解説(太田代東谷の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

太田代東谷 おおたしろ-とうこく

1834-1901 幕末-明治時代の儒者。
天保(てんぽう)5年10月11日生まれ。陸奥(むつ)盛岡藩士。藩校明義堂にまなび,江戸で海保漁村に師事し,昌平黌(しょうへいこう)にはいる。帰藩後,藩校の助教となり侍講をかねた。維新後は東京で私塾をひらいた。明治34年3月24日死去。68歳。名は恒徳。通称は熊太郎。別号に不知庵。著作に「南部四世事蹟考」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

太田代東谷の関連キーワード西山完瑛葛西音弥河村真六木村容斎林双橋平松旦海桃節山山川慎蔵山田十竹渡辺碩也

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone