コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

太田代東谷 おおたしろ とうこく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

太田代東谷 おおたしろ-とうこく

1834-1901 幕末-明治時代の儒者。
天保(てんぽう)5年10月11日生まれ。陸奥(むつ)盛岡藩士。藩校明義堂にまなび,江戸で海保漁村に師事し,昌平黌(しょうへいこう)にはいる。帰藩後,藩校の助教となり侍講をかねた。維新後は東京で私塾をひらいた。明治34年3月24日死去。68歳。名は恒徳。通称は熊太郎。別号に不知庵。著作に「南部四世事蹟考」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

太田代東谷の関連キーワード明治時代儒者

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android