コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

太田広城 おおた ひろき

1件 の用語解説(太田広城の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

太田広城 おおた-ひろき

1838-1911 幕末-明治時代の武士,開拓者。
天保(てんぽう)9年生まれ。陸奥(むつ)八戸(はちのへ)藩(青森県)藩士。南部信順(のぶゆき)につかえ,中老格となる。戊辰(ぼしん)戦争の際は新政府軍と盛岡藩との折衝役をつとめる。維新後,八戸藩大参事。明治5年北郡百石村谷地頭(三沢市)に洋式牧場をひらく。のち北海道の開拓にあたり,奥尻島戸長などをつとめた。明治44年3月死去。74歳。通称は直次郎。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

太田広城の関連キーワード桂太郎内閣ブリュネ岩石区スバル岸沢式佐(5代)メチニコフアフガン戦争学級グリムケ(姉妹)天理教

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone