コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

太田彦郎 おおた ひこお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

太田彦郎 おおた-ひこお

1845-1869 幕末の尊攘(そんじょう)運動家。
弘化(こうか)2年10月10日生まれ。各地の運動家とまじわり,土岐一郎を名のり倉敷県につとめる。明治2年2月24日兵庫で美作(みまさか)津山藩士数名と酒をのみ,攘夷に対する同藩の方針を批判したため,帰途和田岬で殺された。25歳。讃岐(さぬき)(香川県)出身。名は秋豊。通称は別に仙助,彦太郎,千里。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

太田彦郎の関連キーワード尊攘弘化

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android