コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

太田楯臣 おおた たておみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

太田楯臣 おおた-たておみ

1847-1913 幕末-明治時代の国学者,神職。
弘化(こうか)4年9月4日生まれ。太田開(ひらく)の養子となる。長梅外,近藤弘記(ひろぶみ)らにまなんだ。尊攘(そんじょう)運動に参加。維新後神官取締支所長,大講義となった。大正2年2月19日死去。67歳。豊前(ぶぜん)宇佐郡(大分県)出身。本姓稲積。号は古松,古松園。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

太田楯臣の関連キーワード国学者

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android