コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

太田紋助 おおた もんすけ

2件 の用語解説(太田紋助の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

太田紋助 おおた-もんすけ

1846-1892 明治時代のアイヌ民族指導者。
弘化(こうか)3年1月16日生まれ。蝦夷(えぞ)地(北海道)厚岸(あっけし)の人。厚岸支配の佐賀藩開墾掛などにやとわれる。明治15年辞職,私財を投じてアイヌ民族のために農業,漁業の開発につくす。屯田兵村新設の土地選定にかかわり,北海道庁はその村を太田村と名づけた。明治25年4月3日死去。47歳。幼名はサンケクル。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

太田紋助

没年:明治25.4.3(1892)
生年:弘化3.1.16(1846.2.11)
明治期のアイヌ民族の指導者。幼名はサンケクル。厚岸郡の奔渡で生まれる。父は中西紋太郎,母はシラリコトム。厚岸支配の佐賀藩開墾掛雇や開拓使4等牧畜取扱となったが,明治15(1882)年に職を辞し,私財を投じて昆布干場を作り,それをアイヌ民族の共同経営とした。明治17年には駒場農学校で裸麦や小麦の栽培法を研究し,同郡別寒辺牛村のアイヌ民族の共同開墾地で同族に農業技術の指導をした。明治23年,厚岸の屯田兵村の新設に際しては土地選定に尽力した。北海道庁は村名を「太田村」と名づけて,その功績を称えた。<参考文献>「太田紋助日誌」(『犀川会資料』)

(竹ヶ原幸朗)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

太田紋助の関連キーワード知里幸恵萱野茂アイヌ新法と旧土人保護法荒井シャヌレ石山キツエ違星北斗四宅ヤヱ中村要吉平村ペンリウク吉田菊太郎

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone