コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

太田資清 おおた すけきよ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

太田資清 おおた-すけきよ

1411-1492 室町時代の武将。
応永18年生まれ。太田資房(すけふさ)の子。太田道灌(どうかん)の父。扇谷(おうぎがやつ)上杉持朝(もちとも)の重臣。宝徳2年足利成氏(しげうじ)と江の島で戦う。康正(こうしょう)元年持朝の子顕房が討ち死にしたのを機に武蔵(むさし)越生(おごせ)(埼玉県)に隠退。連歌にもすぐれ,飯尾宗祇(そうぎ)らをまねいて「河越千句」をおこなった。延徳4年2月2日死去。82歳。幼名は源六郎。号は道真。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

太田資清の関連キーワード上杉顕房享徳の乱長尾景仲太田資忠室町時代

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android