コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

太田資清 おおた すけきよ

1件 の用語解説(太田資清の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

太田資清 おおた-すけきよ

1411-1492 室町時代の武将。
応永18年生まれ。太田資房(すけふさ)の子。太田道灌(どうかん)の父。扇谷(おうぎがやつ)上杉持朝(もちとも)の重臣。宝徳2年足利成氏(しげうじ)と江の島で戦う。康正(こうしょう)元年持朝の子顕房が討ち死にしたのを機に武蔵(むさし)越生(おごせ)(埼玉県)に隠退。連歌にもすぐれ,飯尾宗祇(そうぎ)らをまねいて「河越千句」をおこなった。延徳4年2月2日死去。82歳。幼名は源六郎。号は道真。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

太田資清の関連キーワード姉小路尹綱源朝子明応療養所と元患者ジギスムント専順大洞院ロイカーバート満済准后日記宇都宮持綱

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone