コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

太田郁郎 おおた いくお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

太田郁郎 おおた-いくお

1896-1924 大正時代の歌人。
明治29年生まれ。岡山県犬島実務学校在勤中に煙害をうたった歌集「毒煙」を出版。のち岡山の中国民報記者となる。大正10年ごろ歌誌「だいだい」を発行。生活的・現実的な歌を尾上柴舟(おのえ-さいしゅう)の「水甕誌上に発表した。大正13年5月30日死去。29歳。岡山県出身。京都第三中学卒。歌集はほかに「崩るる音」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

太田郁郎の関連キーワード大正時代歌人

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android