コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

太竜寺 タイリュウジ

3件 の用語解説(太竜寺の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

たいりゅう‐じ【太竜寺】

徳島県阿南市にある高野山真言宗の寺。山号は舎心山。開創は延暦17年(798)と伝えられる。空海修行の地。四国八十八箇所第21番札所。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

たいりゅうじ【太竜寺】

徳島県阿南市にある真言宗の寺。舎心山常住院と号し,俗に西高野山とも称される。四国八十八ヵ所霊場の第21番札所。本尊虚空蔵菩薩。青年時代の空海がこの地で捨身求聞持(ぐもんじ)法の修行中,悪竜が現れて妨げたが,虚空蔵菩薩の法剣が飛来して悪竜を退け,その修行の成就をたすけたという伝承をもつ,弘法大師修行の霊地。戦国期に三好氏,近世に蜂須賀氏など歴代領主の保護により,阿波随一の名刹として栄えた。境内は広く老杉がしげり,堂宇に金堂,大師堂,三重塔,求聞持堂,鎮守,仁王門,庫裏などがあり,また山麓に竜岩窟と称する霊跡も残って,四国霊場中白眉の寺である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

たいりゅうじ【太竜寺】

徳島県阿南市にある高野山真言宗の寺。桓武天皇の勅命で藤原文山が創建。開山は空海。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

太竜寺の関連キーワード阿南市霊山寺医王寺古義真言宗雲辺寺千葉寺普門寺薬王寺公方の郷なかがわ徳島インディゴソックス

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone