仁王門(読み)におうもん

  • におうもん ニワウ‥
  • におうもん〔ニワウ〕

百科事典マイペディアの解説

仏寺の守護神として,2体の金剛力士を安置する楼門仁王を安置し,寺門を守る風はインドのバールフット塔門に例があり,日本では法隆寺西院の中門が最古例。また東大寺南大門の運慶・快慶作仁王像が最大とされる。真言宗天台宗では,四天王のうち,持国,増長を安置し,二天門と称するものもある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

防府市歴史用語集の解説

 仁王[におう](金剛力士[こんごうりきし])の像を左右に安置した門のことです。寺の中に悪いものが入りこまないように置かれた門です。

出典 ほうふWeb歴史館防府市歴史用語集について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 仁王の像を左右に安置してある社寺の門。〔日葡辞書(1603‐04)〕
※東路記(1685)江戸より日光へ行道の記「二王門の内に入て、左に行」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ソフトロボティクス

ロボティクスの一分野。強度的・構造的に適度なやわらかさがあり、繊細な力加減で動作できるロボットに関する研究。→ソフトロボット...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

仁王門の関連情報