コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

太陽系小天体 タイヨウケイショウテンタイ

デジタル大辞泉の解説

たいようけい‐しょうてんたい〔タイヤウケイセウテンタイ〕【太陽系小天体】

太陽系天体のうち、惑星準惑星、それらの衛星を除く小規模な天体の総称。小惑星彗星や流星物質・ガス状の惑星間物質などからなる。2006年に開催された国際天文学連合で定義。SSSB(small solar system bodies)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

たいようけいしょうてんたい【太陽系小天体】

太陽の引力の影響を主に受けている天体のうち、惑星・矮わい惑星・衛星を除くすべての天体。ほどんどの小惑星、ほとんどのトランス-ネプチュニアン天体、彗星、他の小天体を含む。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

太陽系小天体
たいようけいしょうてんたい
small solar system bodies

太陽の周りを公転する天体のうち、惑星、準惑星、衛星を除くすべての天体の総称。太陽系小天体には、冥王星型天体(英語名はplutoid)を除いた太陽系外縁天体(英語名はtrans-Neptunian objects、略称TNO)と、ケレスを除いた小惑星、彗星(すいせい)、惑星間塵などが含まれる。2006年8月の国際天文学連合(IAU)での準惑星の定義の際に同時に設定された。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

太陽系小天体の関連キーワードトランス大惑星引力

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android