コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

太陽視差 たいようしさ

大辞林 第三版の解説

たいようしさ【太陽視差】

地球から見た太陽の地平視差。一般には赤道上から測った太陽赤道地平視差のことで、約8.794秒。太陽までの距離を求めるのに役立つ。 → 地平視差

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

太陽視差
たいようしさ

太陽は他の恒星に比べると地球のきわめて近くにある。そのため地球表面の1点Aから見た太陽(厳密にはその中心S)の方向は、見る地点によりわずかだが異なる。ゆえに便宜上地球中心Cから見た方向を基準とし、それとのずれ(∠ASC)をA地点で見た太陽視差という。さらに便宜上A点で太陽を地平線に見た視差を太陽の地平視差、さらに(地球は南北にやや平たく赤道半径が最大なので)赤道上で見た地平視差を赤道地平視差という。地球の軌道は太陽を焦点とする楕円(だえん)なので、年間で地球が太陽に近づくと赤道地平視差は大きくなり(1月初めごろ極大)、遠ざかると小さくなる(7月初めごろ極小)。太陽までの距離をR、地球赤道半径をa(6378.137キロメートル)、赤道地平視差をpとすると、Ra/sinpが成り立つ。pの年間平均は約8.794秒角とされている(1秒は円周=360度の129万6000分の1、直角=90度の32万4000分の1の角度)。[大脇直明]
『ロジャー・B・カルバー著、長谷川俊雄訳『実験天文学ワークブック』(1988・恒星社厚生閣) ▽長沢工著『日の出・日の入りの計算――天体の出没時刻の求め方』(1999・地人書館)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

太陽視差の関連キーワードチャールズ・ディリョン パーラインハロルド・スペンサー ジョーンズハロルド スペンサー・ジョーンズC.L.F. アンドレA. アウヴェルスフラムスティード天文学史(年表)キュストナーホロックスジョーンズ日面通過エロスハリーガルレエンケギルガレ

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android