夫唱婦随(読み)ふしょうふずい

精選版 日本国語大辞典「夫唱婦随」の解説

ふしょう‐ふずい フシャウ‥【夫唱婦随】

〘名〙 (「関尹子‐三極」の「天下、牡者馳、牝者逐、雄者鳴、雌者応、是以聖人制言行、而賢人拘之」による) 夫が言い出して、がこれに従うこと。夫妻がよく和合していること。
※くれなゐ(1936)〈佐多稲子〉七「『夫唱婦随』の観念が、仕事をしてゐる女たちの中にもこのやうにも染込んでゐることを」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

四字熟語を知る辞典「夫唱婦随」の解説

夫唱婦随

夫が言い出して、妻がこれに従うこと。その逆は「婦唱夫随」。

[使用例] かような独特のリアリズムは天気晴朗な日に夫唱婦随し、献身的(あるいは動物的)な母性愛にもえ[平野謙*女房的文学論|1947]

[解説] 「唱」は言いだすという意味。

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

デジタル大辞泉「夫唱婦随」の解説

ふしょう‐ふずい〔フシヤウ‐〕【夫唱婦随/夫×倡婦随】

《「関尹子かんいんし」三極の「天下の理は、夫はとなえ、婦は随う」から》夫が言い出し、妻が従うこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android