失敗国家(読み)シッパイコッカ

デジタル大辞泉の解説

しっぱい‐こっか〔‐コクカ〕【失敗国家】

failed state》内戦や政治腐敗などによって国民に安全や基本的公共サービスを提供できない国家。→脆弱国家
[補説]米国の非政府非営利研究機関、平和基金会(The Fund for Peace)が2005年から人口動態的圧力・経済格差・治安・人権侵害など12項目の指標によるランキングを発表しているが、2014年から呼称が「脆弱国家」(fragile state)に変更された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

失敗国家

政府による領土の効果的な統治を欠き、警察力などの安全と基本的な公共サービスを国民に提供できず、権力獲得の手段としての暴力が頻繁に発生している国(ロットバーグ・米ハーバード大教授)。米NPO法人「ファンド・フォー・ピース」と「フォーリン・ポリシー」誌の共同調査では人権、安全度、経済など12の指標を使うなどして分類している。放置すればテロ組織の拠点になる恐れがあると指摘されている。

(2006-09-03 朝日新聞 朝刊 2総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

失敗国家の関連情報