コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

失敗国家 シッパイコッカ

2件 の用語解説(失敗国家の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しっぱい‐こっか〔‐コクカ〕【失敗国家】

failed state》内戦や政治腐敗などによって国民に安全や基本的公共サービスを提供できない国家。→脆弱国家
[補説]米国の非政府非営利研究機関、平和基金会(The Fund for Peace)が2005年から人口動態的圧力・経済格差・治安・人権侵害など12項目の指標によるランキングを発表しているが、2014年から呼称が「脆弱国家」(fragile state)に変更された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

失敗国家

政府による領土の効果的な統治を欠き、警察力などの安全と基本的な公共サービスを国民に提供できず、権力獲得の手段としての暴力が頻繁に発生している国(ロットバーグ・米ハーバード大教授)。米NPO法人「ファンド・フォー・ピース」と「フォーリン・ポリシー」誌の共同調査では人権、安全度、経済など12の指標を使うなどして分類している。放置すればテロ組織の拠点になる恐れがあると指摘されている。

(2006-09-03 朝日新聞 朝刊 2総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

失敗国家の関連キーワードセクター主義領土主権効果的統治機関RM御欠き相殺効果切り欠き効果ボイトラー‐ファノ効果ヤルコフスキー効果

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

失敗国家の関連情報