失踪者

デジタル大辞泉の解説

しっそうしゃ【失踪者】[書名]

《原、〈ドイツ〉Der Verscholleneカフカ長編小説未完。第1章のみ「火夫(Der Heizer)」の題で1913年に発表された。著者没後、マックスブロート遺稿を整理して1927年に刊行。米国にやってきたドイツ青年の転落を描く不条理小説。長く「アメリカ」の題で知られた。

しっそう‐しゃ【失踪者】

居所や生死のわからない人。また、失踪宣告を受けた人。
[補説]書名別項。→失踪者

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

失踪者の関連情報