コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奄美群島国定公園 あまみぐんとうこくていこうえん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

奄美群島国定公園
あまみぐんとうこくていこうえん

鹿児島県、奄美諸島に広がる国定公園。面積78.61平方キロメートル。1974年(昭和49)指定。うち海域公園は笠利(かさり)半島東海岸、摺子(すりこ)崎、瀬戸内(せとうち)、亀徳(かめとく)、与論(よろん)島の5地区にわたる。奄美大島南部のリアス式海岸、河口部のマングローブ林、湯湾(ゆわん)岳の亜熱帯広葉樹林、喜界(きかい)島の隆起サンゴ礁地形、徳之島の犬田布(いんたぶ)岬、カルスト台地、砂丘海岸、沖永良部(おきのえらぶ)島の鍾乳洞(しょうにゅうどう)群、与論島の海岸地形などがおもなものである。これらの島々の位置や気候上の影響などによって、その景観や動植物相は特異である。島の人々の生活、風俗、習慣なども、昔ほどではないが、これらの自然的条件にあうようくふうされている。交通は、航路のほか、空路が一般的で、奄美大島、喜界島、徳之島、沖永良部島、与論島には空港がある。[塚田公彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉の解説

あまみぐんとう‐こくていこうえん〔あまみグンタウコクテイコウヱン〕【奄美群島国定公園】

鹿児島県、奄美群島にあった国定公園。昭和49年(1974)国定公園に指定、平成29年(2017)新規に国立公園に指定された。→奄美群島国立公園

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

奄美群島国定公園【あまみぐんとうこくていこうえん】

鹿児島県,奄美諸島(2010年3月より奄美群島)の島々と付近海域を区域とする国定公園。1974年指定。78.61km2。沈降性海岸と隆起サンゴ礁,鍾乳(しょうにゅう)洞などが主要景観で,笠利半島東海岸,摺子(すりこ)崎,瀬戸内,亀徳,与論島の各海中公園がある。
→関連項目鹿児島[県]笠利[町]

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

あまみぐんとうこくていこうえん【奄美群島国定公園】

鹿児島県の南、奄美諸島に広がる国定公園。亜熱帯性の海岸や広葉樹林、隆起珊瑚さんご礁地形などを特色とする。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔鹿児島県〕奄美群島国定公園(あまみぐんとうこくていこうえん)


鹿児島県奄美諸島の海岸部を中心とする国定公園。笠利(かさり)半島東海岸、摺子(すりこ)崎、亀徳(かめとく)、与論(よろん)島、瀬戸内の5地区に海中公園がある。陸域面積7861ha、海中公園9ヵ所計446ha。1974年(昭和49)指定。沿岸全域に珊瑚礁(さんごしょう)が発達し、マングローブ・ソテツなどの亜熱帯性植物がみられる。またアマミノクロウサギ・ハブなどの特有の動物が生息。与論島・喜界(きかい)島の隆起珊瑚礁、沖永良部(おきのえらぶ)島の数百に及ぶ鍾乳洞(しょうにゅうどう)などが特異な景観をつくる。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

奄美群島国定公園の関連キーワード鹿児島県奄美市名瀬小宿鹿児島県大島郡天城町与論海岸海域公園地区大島海峡海域公園地区アマミノクロウサギ鹿児島県奄美市鹿児島(県)瀬戸内(町)隆起サンゴ礁加計呂麻島喜界(町)奄美(市)沖永良部島隆起珊瑚礁奄美大島大島海峡広葉樹林笠利崎鍾乳洞湯湾岳

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android