奄美群島国定公園(読み)アマミグントウコクテイコウエン

百科事典マイペディアの解説

奄美群島国定公園【あまみぐんとうこくていこうえん】

鹿児島県,奄美諸島(2010年3月より奄美群島)の島々と付近海域を区域とする国定公園。1974年指定。78.61km2。沈降性海岸と隆起サンゴ礁,鍾乳(しょうにゅう)洞などが主要景観で,笠利半島東海岸,摺子(すりこ)崎,瀬戸内,亀徳,与論島の各海中公園がある。
→関連項目鹿児島[県]笠利[町]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

あまみぐんとう‐こくていこうえん あまみグンタウコクテイコウヱン【奄美群島国定公園】

鹿児島県、奄美諸島の海岸部を主とする国定公園。奄美大島南部のリアス式海岸とマングローブ林、湯湾岳の亜熱帯広葉樹林、喜界島の隆起サンゴ礁、沖永良部島の鍾乳洞などがある。昭和四九年(一九七四)指定。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報