コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

与論島 よろんじま

9件 の用語解説(与論島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

与論島
よろんじま

鹿児島県南部,奄美群島の最南端に位置する島。「よろんとう」ともいう。1島で与論町を形成。隆起サンゴ礁からなる,最高点 97mの低平な島で,東半部には隆起堡礁が数列みられ,その周囲を取り巻くように堡礁が発達。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

与論島

鹿児島市の南590キロに浮かぶ。周囲23キロに5700人が暮らし、年間平均気温は23度。サンゴ礁の美しさで知られる。65歳以上の高齢化率は28%で、毎年60〜70人が亡くなる。就業者の3人に1人が農業、4人に1人が役場や小売店、飲食店などに従事。17世紀初めまで琉球王国の支配下にあり、歌や祭事に琉球文化の影響が色濃く残る。

(2006-04-27 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

よろん‐とう〔‐タウ〕【与論島】

鹿児島県、奄美(あまみ)群島最南端の島。隆起サンゴ礁からなる。サトウキビを栽培。面積21平方キロメートル。よろんじま。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

与論島【よろんじま】

奄美諸島2010年3月より奄美群島)最南端に位置し,北東に沖永良部(おきのえらぶ)島,南西に沖縄島がある。〈世論〉とも記された。鹿児島県与論町をなし,面積20.56km2
→関連項目奄美群島国定公園薩南諸島南西諸島

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

よろんじま【与論島】

鹿児島県最南端の島。奄美諸島に属し,沖縄島(本島)の北約25kmに位置する。地元では〈ユンヌ〉と称する。1島で大島郡与論町を構成する。人口6210(1995)。面積約22km2の低平な島で,最高所は標高97m。全島が隆起サンゴ礁からなり,島の周囲には堡礁や裾礁が発達している。農業が基幹産業で,水稲は栽培されなくなり,主作物はサトウキビであるが,最近はカボチャの栽培も盛んで島外への出荷も多い。 1609年(慶長14)の薩摩藩の琉球征服以前は,沖永良部(おきのえらぶ)島や徳之島などの奄美諸島とともに琉球王国の影響下にあった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

よろんとう【与論島】

鹿児島県奄美あまみ諸島最南端の島。低い隆起珊瑚礁の島。面積21平方キロメートル。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔鹿児島県〕与論島(よろんじま)


鹿児島県の奄美(あまみ)諸島南西端にある島。沖縄島の北東沖約23kmに浮かぶ。面積20.5km2。1島で与論町をなす。「よろんとう」とも読む。最高点が標高97mの平坦(へいたん)な隆起珊瑚礁(さんごしょう)の島。堡礁(ほしょう)に囲まれる。昭和40年代後半から観光地として発展。海岸の大部分が奄美群島国定公園に属し、珊瑚礁の海とマリンスポーツ人気で、観光の島となった。鹿児島市から航空便・船便がある。

〔鹿児島県〕与論島(よろんとう)


与論島(よろんじま)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

与論島
よろんじま

北緯27度、東経128度20分、薩南(さつなん)諸島の一島、したがって鹿児島県最南の位置にある。大島郡与論町。約25キロメートル隔てた南には沖縄島がある。周囲23キロメートル、面積20.47平方キロメートル、最高点は97メートルで低平な地形である。南西部の一部を除き琉球(りゅうきゅう)石灰岩で覆われ、周囲はサンゴ礁で囲まれる。また島内随所でカルスト地形がみられる。亜熱帯性気候を生かしてサトウキビや野菜の促成栽培が盛ん。カボチャの生産はよく知られている。奄美(あまみ)群島国定公園に属し、夏にはサンゴ礁とコバルトブルーの海を訪れる若い観光客が多い。人口5581(2009)。2010年の国勢調査の人口5327。[塚田公彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

与論島の関連キーワード奄美諸島名瀬港鹿児島県大島郡笠利〈町〉鹿児島県奄美市笠利町節田住用〈村〉名瀬〈市〉鹿児島県奄美市名瀬長浜町鹿児島県鹿児島市南栄鹿児島県指宿市山川大山

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

与論島の関連情報