コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沖永良部島 おきのえらぶじま

7件 の用語解説(沖永良部島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

沖永良部島
おきのえらぶじま

鹿児島県南部,奄美群島の南西部にある低平な島。知名町和泊町とに分れる。古生層が基盤で島の大部分はサンゴ礁。大山 (246m) の周辺はカルスト地形が発達。海岸線の出入が少く良港はないが,第2次世界大戦後,東岸に和泊港が建設され便利になった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

おき‐の‐えらぶじま【沖永良部島】

鹿児島県、奄美(あまみ)群島南部の島。面積94.5平方キロメートル。サンゴ礁海岸・鍾乳洞などがある。サトウキビ・エラブユリの栽培が盛ん。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

沖永良部島【おきのえらぶじま】

奄美諸島2010年3月より奄美群島)の南部に位置する島で,北東に徳之島,南西に与論(よろん)島がある。〈おきえらぶじま〉ともいい,もとは〈永良部島〉とも称された。
→関連項目西郷隆盛

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

おきのえらぶじま【沖永良部島】

おきえらぶじまともいう。鹿児島県南部,奄美諸島徳之島与論島との間にある島。面積94.5km2。古期岩石を基盤とするがサンゴ礁起源の石灰岩地域が広い。最高点の大山が標高246mに過ぎない低平な島で,それに降水量も少ないので表流水に乏しい。カルスト地形がよく見られ,鍾乳洞も1962年発見された昇竜洞,水連洞など日本有数の規模のものがある。水は海岸の湧水や洞窟を下った地点で得られ,このような洞窟を暗川(くらごう)という。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

おきのえらぶじま【沖永良部島】

鹿児島県奄美諸島南部の島。面積94.5平方キロメートル。サトウキビを栽培。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔鹿児島県〕沖永良部島(おきのえらぶじま)


鹿児島県の奄美(あまみ)諸島南部、徳之(とくの)島と与論(よろん)島の間に浮かぶ島。面積93.6km2。大島(おおしま)郡和泊(わどまり)町・知名(ちな)町からなる。隆起珊瑚礁(さんごしょう)の島で、カルスト地形が発達。南西部の大(おお)山(標高240m)西腹には昇竜(しょうりゅう)洞・水連(すいれん)洞などの大鍾乳洞(しょうにゅうどう)があり、一帯は奄美群島国定公園に属する。サトウキビ栽培とフリージアテッポウユリなどの球根栽培が盛ん。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

沖永良部島
おきのえらぶじま

鹿児島県奄美(あまみ)諸島南部に位置する島。「おきえらぶじま」ともよぶ。面積93.65平方キロメートル。古生層の基盤を第四紀の琉球(りゅうきゅう)石灰岩が数段の隆起サンゴ礁となって覆う。最高点も西部にある大山で246メートルと低平な島。島内には無数のドリーネや鍾乳洞(しょうにゅうどう)などのカルスト地形が形成され、昇竜洞(しょうりゅうどう)や水連洞などは代表的なものである。最寒月(1月)の平均気温は15℃を下らず、年平均気温も22℃と高い。このため、ビロウ、ガジュマル、アダンなどの亜熱帯植物がよく生育する。年降水量は2000ミリメートル強で、薩南(さつなん)諸島としては少ない。表流河川はないに等しく、農業・生活用水は暗河(くらごう)とよばれる鍾乳洞の開口部や、段丘崖(がけ)下の湧泉(ゆうせん)の水を利用した。現在は水道施設が整備され、水くみの労力は要さないが水源は以前とほぼ同じである。基幹作物はサトウキビ。特産物のフリージア、エラブユリの球根栽培はよく知られている。奄美群島国定公園に属し、サンゴ礁海岸、鍾乳洞、植生、高倉など本土と異なる自然・文化景観を求めて訪れる観光客は多い。大島郡知名(ちな)、和泊(わどまり)の2町からなる。島の東部に沖永良部空港があり、鹿児島、奄美大島、沖縄(那覇)、与論、徳之島との間に定期便がある。また鹿児島港、那覇港からの定期船も寄港する。島の人口1万4010(2009)。[塚田公彦]
『操担勁編『沖永良部沿革誌』(1961・望雲亭) ▽永吉毅編『沖永良部島郷土史資料』(1968・和泊町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の沖永良部島の言及

【沖永良部島】より

…おきえらぶじまともいう。鹿児島県南部,奄美諸島の徳之島と与論島との間にある島。面積94.5km2。古期岩石を基盤とするがサンゴ礁起源の石灰岩地域が広い。最高点の大山が標高246mに過ぎない低平な島で,それに降水量も少ないので表流水に乏しい。カルスト地形がよく見られ,鍾乳洞も1962年発見された昇竜洞,水連洞など日本有数の規模のものがある。水は海岸の湧水や洞窟を下った地点で得られ,このような洞窟を暗川(くらごう)という。…

※「沖永良部島」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

沖永良部島の関連キーワード奄美群島名瀬奄美空港奄美 黒潮煌の島 奄美フェリーあまみ奄美海洋展示館鹿児島県大島郡天城町鹿児島県大島郡鹿児島県大島郡徳之島町

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

沖永良部島の関連情報