コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

湯湾岳 ゆわんだけ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

湯湾岳
ゆわんだけ

鹿児島県南部,奄美大島の最高点をなす山。標高 694m。大和村宇検村の境界にある。古生代のケイ岩層から成り,付近の地形は一般に急峻である。山頂部付近にはミヤマシロバイ,クロバイなど亜熱帯林の植生がある。山頂一帯は奄美群島国定公園特別保護区に指定され,小動物の宝庫でアマミノクロウサギ (特別天然記念物) ,ルリカケストゲネズミ (ともに天然記念物) などが生息する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔鹿児島県〕湯湾岳(ゆわんだけ)


鹿児島県奄美大島(あまみおおしま)西部の山。奄美諸島の最高峰。標高694m。シイなどの亜熱帯原生林におおわれる。東方の神屋(かみや)地区とともに天然保護区域。山頂にはアマミヒイラギモチなどの植物が数多く自生。国指定特別天然記念物のアマミノクロウサギや天然記念物のトゲネズミ・ケナガネズミなどが生息。奄美群島国定公園に属する。奄美岳とも。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

世界大百科事典内の湯湾岳の言及

【奄美大島】より

…古期岩石からなる山地が広く平地に乏しい。最高点は湯湾岳(694m)。気候は亜熱帯的で降水量がはなはだ多く(名瀬市で年間2871mm),ソテツその他の亜熱帯樹が茂り,猛毒のハブが生息する。…

【宇検[村]】より

…しかし若年労働力の流出があいつぎ過去20年間で人口は半減した。北部の湯湾岳(名)は奄美大島の最高峰(694m)で,一帯は亜熱帯の原生林に覆われ,アマミノクロウサギ(特天)の生息地として知られる。【赤池 享一】。…

※「湯湾岳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

湯湾岳の関連キーワード鹿児島県大島郡宇検村鹿児島県大島郡大和村鹿児島県奄美市大和[村]大和(村)奄美(市)奄美市れんと

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

湯湾岳の関連情報