コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

笠利 かさり

2件 の用語解説(笠利の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

笠利
かさり

鹿児島県南部,奄美市北東部で飛び地をなす旧町域。奄美大島北東端に位置する。1961年町制。2006年名瀬市,住用村と合体して奄美市となった。サトウキビ,野菜の促成栽培が盛ん。笠利湾の海岸,マングローブなどの亜熱帯植生が観光の対象で,海岸の大部分が奄美群島国定公園に属する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

笠利
かさり

鹿児島県南方洋上、大島郡にあった旧町名(笠利町(ちょう))。現在は奄美(あまみ)市の北東端部を占める。旧笠利町は1961年(昭和36)町制施行。2006年(平成18)住用(すみよう)村、名瀬(なぜ)市と合併し、奄美市となった。旧笠利町域は奄美大島北東端に位置し、標高180メートル前後の笠利山地が南北に走り、緩やかな傾斜地が東西に広がる。海岸線には大規模な裾礁(きょしょう)が発達している。平坦(へいたん)地が多く、農産物ではサトウキビ、畜産、輸送園芸が主で、大島紬(つむぎ)も盛ん。1964年南東部に奄美空港が開設され、奄美の空の玄関となった。1988年7月、奄美空港の北に新空港が開港、旧空港は廃止された。国道58号も走り、白砂海岸の用安(ようあん)海岸やアヤマル崎などの観光地がある。[田島康弘]
『『笠利町誌』(1973・笠利町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

笠利の関連情報