コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

笠利 かさり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

笠利
かさり

鹿児島県南部,奄美市北東部の飛び地をなす旧町域。奄美大島の北東端に位置する。1961年町制。2006年名瀬市,住用村と合体して奄美市となった。サトウキビ,野菜の促成栽培が盛ん。笠利湾の海岸,マングローブなどの亜熱帯植生が観光の対象で,海岸の大部分が奄美群島国立公園に属する。アヤマル崎や用安海岸などが観光名所となっている。大島紬黒砂糖が特産。南東岸に奄美空港がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

笠利
かさり

鹿児島県南方洋上、大島郡にあった旧町名(笠利町(ちょう))。現在は奄美(あまみ)市の北東端部を占める。旧笠利町は1961年(昭和36)町制施行。2006年(平成18)住用(すみよう)村、名瀬(なぜ)市と合併し、奄美市となった。旧笠利町域は奄美大島北東端に位置し、標高180メートル前後の笠利山地が南北に走り、緩やかな傾斜地が東西に広がる。海岸線には大規模な裾礁(きょしょう)が発達している。平坦(へいたん)地が多く、農産物ではサトウキビ、畜産、輸送園芸が主で、大島紬(つむぎ)も盛ん。1964年南東部に奄美空港が開設され、奄美の空の玄関となった。1988年7月、奄美空港の北に新空港が開港、旧空港は廃止された。国道58号も走り、白砂海岸の用安(ようあん)海岸やアヤマル崎などの観光地がある。[田島康弘]
『『笠利町誌』(1973・笠利町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

笠利の関連キーワードおもいっきり探偵団 覇悪怒組笠利半島東海岸海域公園地区防衛省の通信所建設計画一集落1ブランド事業自主解散決議案の否決奄美市歴史民俗資料館田中一村記念美術館奄美群島国定公園鹿児島県奄美市笠利[町]奄美(市)中村 長八竜郷[町]赤木名城跡奄美の島唄奄美[市]里 国隆宇宿貝塚笠利崎龍郷町

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

笠利の関連情報