奇正(読み)キセイ

精選版 日本国語大辞典の解説

き‐せい【奇正】

〘名〙
① 奇略を用いる方法と正道をいく方法。特に兵法で、奇襲戦法と正面攻撃。
浄瑠璃・吉野都女楠(1710頃か)天皇かちぢの御幸「軍は奇正変化に有」
② 変わった状態と普通の状態。
※日本風景論(1894)〈志賀重昂〉二「造化の万象其の開闔変化の状昇降奇正の形生育殖養の功をが日本の内に鍾めたることや」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アノミー

もとは「神法の無視」「無規則性」を意味するギリシア語の anomiaが語源であるが,フランスの社会学者 É.デュルケムが,近代に移行する過程で,それまで人間の行為を規制してきた伝統的価値や,社会的規準...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android