奇貨(読み)キカ

デジタル大辞泉の解説

き‐か〔‐クワ〕【奇貨】

珍しい品物。
利用すれば思わぬ利益を得られそうな事柄・機会。
「道士らが王室の李姓であるのを―として、老子を先祖だと言いなし」〈鴎外魚玄機

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

き‐か ‥クヮ【奇貨】

〘名〙
① 珍しい品物。立派な人材。
※解体新書(1774)序「於是乎舶厥琦貨、互市乎四海」 〔元稹‐酬楽天東南行詩〕
② 利用すれば思いがけない利益が得られるかもしれない事柄、事情、機会。
※東海一漚集(1375頃)二・無夢住東福江湖疏「妄庸競馳。以住持奇貨
※魚玄機(1915)〈森鴎外〉「王室の李姓であるのを奇(キクヮ)として、老子を先祖だと言ひ做し」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

奇貨の関連情報