コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奇跡の丘

デジタル大辞泉プラスの解説

奇跡の丘

1964年製作のイタリア・フランス合作映画。原題《Il vangelo secondo Matteo》。聖書のマタイ伝の映画化。監督:ピエル・パオロ・パゾリーニ、出演:エンリケ・イラソキ、マルゲリータ・カルーゾ、スザンナ・パゾリーニほか。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

デジタル大辞泉の解説

きせきのおか〔キセキのをか〕【奇跡の丘】

《原題、〈イタリア〉Il vangelo secondo Matteo》イタリア・フランス合作映画。1964年公開。監督・脚本はパゾリーニ。聖書の「マタイによる福音書」を原作とするキリスト伝。プロの俳優を使わず素人役者のみで撮影された。ベネチア国際映画祭審査員特別賞受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

奇跡の丘
きせきのおか
Il Vangelo secondo Matteo

イタリア・フランス合作映画。1964年作品。監督ピエル・パオロ・パゾリーニ。原題どおり「マタイによる福音書」に従い、キリストの生涯を追った作品。処女懐胎、イエスの誕生、イエスの洗礼、悪魔の誘惑、イエスの奇跡、最後の晩餐(ばんさん)、ゲツセマネの祈り、ゴルゴダの丘、復活のエピソードで構成されているが、キリストや聖書についての一般通念を否定するような激しいものであった。キリスト(エンリケ・イラソキEnrique Irazoqui、1945― )が民衆に訴えかける様子は、まるでアジテーションのようであり、その肖像にはプロレタリアート解放を訴える左翼運動の活動家のような生々しさがある。また監督がマリア役を実母スザンナに演じさせたため、自らをキリストになぞらえるものとして物議をかもした。バッハやモーツァルトのほか、プロコフィエフ、オデッタOdetta Holmes(1930―2008)の歌う黒人霊歌、コンゴおよびブラジルの民俗音楽、ロシア革命歌などの音楽が使われているのも異色である。[出口丈人]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android