コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奈万須盛方 なますの もりかた

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

奈万須盛方 なますの-もりかた

?-1791 江戸時代中期の狂歌師。
江戸日本橋馬喰町(ばくろちょう)で旅人宿をいとなむ。宿屋飯盛(やどやの-めしもり)(石川雅望(まさもち))にまなび,伯楽連に属した。寛政3年7月4日死去。姓は遠藤。通称は京屋弥市。屋号は山城屋。鱠盛方ともかく。
【格言など】かりの旅いとま乞ひして今朝ははや死出の旅路へ立つ馬喰町(辞世)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

奈万須盛方の関連キーワード総合年表(アメリカ)モーツァルトフイヤン派立法議会真珠岩フーイヤン・クラブロワー・カナダ合衆国銀行コウォンタイシャン=ド=マルス事件

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android