奈万須盛方(読み)なますの もりかた

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

奈万須盛方 なますの-もりかた

?-1791 江戸時代中期の狂歌師。
江戸日本橋馬喰町(ばくろちょう)で旅人宿をいとなむ。宿屋飯盛(やどやの-めしもり)(石川雅望(まさもち))にまなび,伯楽連に属した。寛政3年7月4日死去。姓は遠藤。通称は京屋弥市。屋号は山城屋。鱠盛方ともかく。
【格言など】かりの旅いとま乞ひして今朝ははや死出の旅路へ立つ馬喰町(辞世)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android