奉侍(読み)ほうじ

精選版 日本国語大辞典「奉侍」の解説

ほう‐じ【奉侍】

〘名〙 身辺にいて、その人のためにおつくし申しあげること。ぶじ。
※伊藤特派全権大使復命書附属書類(1885)北京晤談「本大臣は日夕陛下に奉し」 〔新唐書‐魏徴伝〕

ぶ‐じ【奉侍】

〘名〙 君主そば近くに侍ること。君側に仕えること。ほうじ。
太平記(14C後)一一「叡感有て、禁門の警固に奉侍(ブシ)せられけり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「奉侍」の解説

ほう‐じ【奉侍】

[名](スル)貴人のそばにいてその人のためにつくすこと。
「君命是れ聴て一心之に―するを」〈加藤弘之・国体新論〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android