奏聞(読み)ソウブン

大辞林 第三版の解説

そうぶん【奏聞】

そうもん(奏聞)」に同じ。 「かるが故に、これを-に達す/仮名草子・伊曽保物語」

そうもん【奏聞】

( 名 ) スル
天皇に申し上げること。そうぶん。 「ありのままに-す/平家 6

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

そう‐ぶん【奏聞】

〘名〙 =そうもん(奏聞)〔文明十一年本下学集(1479‐1505)〕

そう‐もん【奏聞】

〘名〙 天子に上すること。そうぶん。
※三代格‐一五・慶雲三年(706)九月二〇日「応調庸者、〈略〉三百戸以上奏聞」
平家(13C前)六「『いかに』と御たづね有に、蔵人奏すべき方はなし。ありのままに奏聞す」 〔魏志‐曹爽伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の奏聞の言及

【奏】より

…天皇に政治上のことで勅裁を仰ぐために,口頭または文書で上申すること。その行為を奏上,上奏,奏聞などといい,内密に奏することを内奏,密奏という。密奏は奏状を密封して奏する場合もある。…

※「奏聞」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報