コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奥井寒泉 おくい かんせん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

奥井寒泉 おくい-かんせん

1826-1886 幕末-明治時代の儒者。
文政9年生まれ。奥井中里(ちゅうり)の子。阿波(あわ)徳島藩士。江戸に出仕中,藤森弘庵に儒学を,大沼枕山(ちんざん)らに詩・書をまなぶ。文久3年洲本学問所助講,明治元年に儒官となる。維新後は師範学校,洲本中学などでおしえた。明治19年11月2日死去。61歳。淡路(あわじ)(兵庫県)出身。名は賁。字(あざな)は子白。通称は荘一。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

奥井寒泉の関連キーワード坂東 国八

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android