奥八兵衛(読み)おく はちべえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

奥八兵衛 おく-はちべえ

?-1669 江戸時代前期の商人。
京都で河内(かわち)屋と称し,宮中に魚をおさめていた。承応(じょうおう)3年後光明天皇死去の際,天皇が生前火葬は人の道ではないといっていたことを理由に土葬にすることを朝廷に要請し,みとめられた。以後,天皇の埋葬は土葬となった。寛文9年1月23日死去。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android