コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奥八兵衛 おく はちべえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

奥八兵衛 おく-はちべえ

?-1669 江戸時代前期の商人。
京都で河内(かわち)屋と称し,宮中に魚をおさめていた。承応(じょうおう)3年後光明天皇死去の際,天皇が生前火葬は人の道ではないといっていたことを理由に土葬にすることを朝廷に要請し,みとめられた。以後,天皇の埋葬は土葬となった。寛文9年1月23日死去。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

奥八兵衛の関連キーワードクレメンス9世ニュートン(Sir Isaac Newton)シャクシャイン石田未得シャクシャインピカレスク小説悪漢小説朝鮮人遺骨問題石田未得エトナ山

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android