コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奥平忠昌 おくだいら ただまさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

奥平忠昌 おくだいら-ただまさ

1608-1668 江戸時代前期の大名。
慶長13年生まれ。奥平家昌の長男。慶長19年下野(しもつけ)宇都宮藩主奥平家第1次2代。元和(げんな)5年下総(しもうさ)古河(こが)(茨城県)に転封(てんぽう)となる。「宇都宮釣り天井事件」後の8年宇都宮へ再封。寛文8年2月19日死去。61歳。通称は九八郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

おくだいらただまさ【奥平忠昌】

1608‐68(慶長13‐寛文8)
江戸前期の譜代大名。奥平宇都宮藩2代藩主。奥平大膳大夫家昌の嫡男。母は本多忠勝の娘。幼名は千福,通称九八郎。1614年(慶長19)大坂夏の陣に初陣。同年遺領宇都宮10万石を継ぐ。19年(元和5)下総古河に移封。1万石を加え11万石。【所 理喜夫】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

奥平忠昌の関連キーワード奥平昌能奥平源八古河藩

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android