コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奥平忠昌 おくだいら ただまさ

2件 の用語解説(奥平忠昌の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

奥平忠昌 おくだいら-ただまさ

1608-1668 江戸時代前期の大名。
慶長13年生まれ。奥平家昌の長男。慶長19年下野(しもつけ)宇都宮藩主奥平家第1次2代。元和(げんな)5年下総(しもうさ)古河(こが)(茨城県)に転封(てんぽう)となる。「宇都宮釣り天井事件」後の8年宇都宮へ再封。寛文8年2月19日死去。61歳。通称は九八郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

おくだいらただまさ【奥平忠昌】

1608‐68(慶長13‐寛文8)
江戸前期の譜代大名。奥平宇都宮藩2代藩主。奥平大膳大夫家昌の嫡男。母は本多忠勝の娘。幼名は千福,通称九八郎。1614年(慶長19)大坂夏の陣に初陣。同年遺領宇都宮10万石を継ぐ。19年(元和5)下総古河に移封。1万石を加え11万石。【所 理喜夫】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

奥平忠昌の関連キーワード稲葉信通小出有棟酒井忠解戸田光重松平忠隆水野忠直水野忠職溝口政勝毛利吉就森川重政

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone