コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奥平昌邁 おくだいら まさゆき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

奥平昌邁 おくだいら-まさゆき

1855-1884 幕末-明治時代の大名,華族。
安政2年4月1日生まれ。伊予(愛媛県)宇和島藩主伊達宗城(むねなり)の3男。奥平昌服(まさもと)の養子となり,慶応4年豊前(ぶぜん)中津藩(大分県)藩主奥平家9代。維新後アメリカに留学。のち東京府会議員,芝区長などをつとめた。伯爵。明治17年11月26日死去。30歳。通称は義三郎,九八郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

奥平昌邁の関連キーワード津田 純一小幡甚三郎明治時代太田開華族

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android