コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奥平昌高 おくだいら まさたか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

奥平昌高 おくだいら-まさたか

1781-1855 江戸時代中期-後期の大名。
天明元年11月4日生まれ。薩摩(さつま)鹿児島藩主島津重豪(しげひで)の次男。奥平昌男の養子となり,天明6年豊前(ぶぜん)中津藩(大分県)藩主奥平家5代。藩政刷新をはかり,藩校進脩館をつくる。国学,和歌を渡辺重名(しげな)にまなぶ。蘭学を奨励し,オランダ語辞書「蘭語訳撰」を編集させ刊行した。安政2年6月10日死去。75歳。通称は九八郎,左衛門尉。号は豊海。歌集に「千代の古道」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

奥平昌高

没年:安政2.6.10(1855.7.23)
生年:安永4(1775)
江戸後期の豊前国中津藩(大分県)藩主。鹿児島藩主島津重豪の次男。母は市田氏。天明6(1786)年奥平昌男の養嗣子となり遺領を継ぐ。国学,洋学に通じ,和蘭辞書を神谷源内に編纂させた。<参考文献>『中津市史』

(福田千鶴)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

奥平昌高 (おくだいらまさたか)

生年月日:1781年11月4日
江戸時代後期の大名
1855年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

世界大百科事典内の奥平昌高の言及

【中津藩】より

…豊前国下毛(しもげ)郡中津(現,大分県中津市)に藩庁を置いた譜代中藩。1587年(天正15)九州統一に成功した豊臣秀吉は,黒田孝高(よしたか)に豊前国京都(みやこ),仲津,築城(ついき),上毛(こうげ)(以上,福岡県)と宇佐,下毛(以上,大分県)の6郡,12万5000石(一説には15万石)を与え,中津藩が成立。1600年(慶長5)関ヶ原の戦ののち,細川忠興が豊前一国と豊後のうち国東・速見両郡の30万石(01年の検地実施後,内高は39万5995石)の領主として中津へ入封。…

※「奥平昌高」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

奥平昌高の関連キーワード権田市右衛門池田慶政奥平昌猷大江春塘生年月日奥平昌暢青木一咸

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android