コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奥平貞幹 おくだいら さだもと

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

奥平貞幹 おくだいら-さだもと

1817-1882 江戸時代後期の武士。
文化14年3月4日生まれ。伊予(いよ)松山藩士。領内諸郡の代官をつとめ,灌漑(かんがい)用水路の整備,塩田経営など殖産興業につくす。嘉永(かえい)4年から温泉郡山西村(松山市)の干潟(ひがた)の干拓をすすめ,安政5年大可賀新田約50haをひらいた。明治15年4月9日死去。66歳。通称は三左衛門。号は月窓

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

奥平貞幹の関連キーワードボアソナード早稲田大学ウェーバーモンローキンダー妙心ユング・シュティリングカラジョルジェ・ペトロビッチ西川扇蔵(2世)宇田川榕菴

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android