コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奥村利信 おくむら としのぶ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

奥村利信 おくむら-としのぶ

?-? 江戸時代中期の浮世絵師。
享保(きょうほう)-寛延(1716-51)のころの人。奥村政信門弟といわれ,漆絵(うるしえ)の作品がおおく,美人画を得意とした。赤本,黒本,青本等に挿絵をかく。寛延のころには「作奴化物退治」3巻をえがいている。江戸出身。通称は文志。号は文全,鶴月堂。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

奥村利信
おくむらとしのぶ

生没年未詳。江戸中期の浮世絵師。奥村政信(まさのぶ)の門人で、1710年代後半から1740年代(享保(きょうほう)~寛延(かんえん)年間)にかけて活躍。紅絵(べにえ)、漆絵(うるしえ)期の代表的絵師。画風は師の政信を追ってはいるが、溌剌(はつらつ)とした生気があり、柔和な量感に富む。描写も細やかで適度に色香も含ませ、しばしば師を超える作品を残している。美人画、役者絵を中心に、作画は1730年前後の十数年に集中、短命の絵師であったと思われる。代表作は『山下金作の大磯(おおいそ)とら』『瀬川菊之丞(きくのじょう)のくずのは道行(みちゆき)』『なつもやうむねあけ三幅対(さんぷくつい)』など。[浅野秀剛]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の奥村利信の言及

【奥村政信】より

…肉筆画にも優れ,《小倉山荘図》(東京国立博物館)などがある。門人に奥村利信(生没年不詳)がおり,享保から寛延(1716‐51)にかけて紅絵や漆絵の美人画・役者絵を多く描いた。柔らかな線と鮮やかな配色によって,優美艶麗の度は時に師をしのぐものさえあり,近年とみに評価が高い。…

※「奥村利信」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

奥村利信の関連キーワード鳥居清忠(初代)

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android