コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奥殿藩 おくどのはん

2件 の用語解説(奥殿藩の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

奥殿藩
おくどのはん

大給 (おぎゅう) 藩ともいう。江戸時代三河国 (愛知県) 額田郡奥殿地方を領有した譜代小藩。同国加茂郡大給に采地 3000石を領した松平氏が貞享1 (1684) 年1万 6000石に加増されこの地に入封して以来,元禄 17 (1704) 年より宝永8 (11) 年まで信濃国 (長野県) 佐久郡田野口に所替のあった期間を除き,文久3 (1863) 年乗謨 (のりたか) の佐久再封まで存続。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

奥殿藩
おくどのはん

三河国額田(ぬかた)郡奥殿(愛知県岡崎市)に陣屋を構えた譜代(ふだい)藩。大給(おぎゅう)藩ともいう。松平(大給)乗次が父真次(さねつぐ)の遺領加茂(かも)・額田両郡の4000石を継ぎ、のち加増されて1684年(貞享1)1万6000石の大名になったのに始まる。藩主は乗次以降、乗成(のりしげ)、乗真(のりざね)、盈乗(みつのり)、乗穏(のりやす)、乗友(のりとも)、乗尹(のりただ)、乗羨(のりよし)、乗利(のりとし)、乗謨(のりかた)と続く。乗次、乗成が大坂定番(じょうばん)役であったため、所領のうち1万5000石が摂津、河内(かわち)、丹波(たんば)3か国に分散し、しかもたびたび移動した。1704年(宝永1)乗真のとき、1万2000石分を信濃(しなの)国(長野県)佐久(さく)郡に移されて所領が固定し、奥殿には陣屋を設置した。奥殿陣屋は弱体で、1836年(天保7)の加茂一揆(いっき)にも自力で対処できなかった。1863年(文久3)陣屋を佐久郡田野口に移し、奥殿藩は解消して田野口藩(68年竜岡(たつおか)藩と改称)となる。[渡辺和敏]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

奥殿藩の関連キーワード荻生鳳鳴大給愛知県西尾市大給町赤荻露牛池田利牛荻生玄甫荻生青山大給近説松平近儔松平乗成

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone